社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

文字サイズ 中 大    背景色・文字色の変更    標準 黒 黄色

重層的支援体制整備事業

重層的支援体制整備事業とは、子ども・障がい・高齢・生活困窮などの分野別の支援体制では対応しきれない複雑化・複合化した課題に対して、分野を横断し一体的となって取り組むための包括的な支援体制を整備する事業です。重層的支援体制整備事業の各事業(①包括的相談支援事業、②多機関協働事業、③アウトリーチ等事業、④参加支援事業、⑤地域づくりに向けた支援事業)のうち、①③④⑤を渋谷区から委託を受け渋谷区社会福祉協議会で担っています。

重層説明図をPDFで開く

重層説明図

(参考)重層的支援体制整備事業の各事業について

①包括的相談支援事業
高齢、介護、障がい者、子ども・子育て、生活困窮の既存の相談支援機関が、属性や世代を問わず包括的に相談を受け止める体制を整えます。
②多機関協働事業
単独の支援機関では対応が難しい、複雑化・複合化した課題を抱えるケースについて、「重層的支援会議」において、関係機関の役割分担や支援の方向性を定めます。また、重層的支援会議で合意された支援プランに基づき、適切な相談支援、アウトリーチ、参加支援を行います。
③アウトリーチ等事業
課題を抱えながらも支援が届いていない人に支援を届けます。
④参加支援事業
個別性の高いニーズと社会資源をつなぎます。
⑤地域づくりに向けた支援事業
全ての地域住民が利用できる地域交流の場や居場所づくりを進めるとともに、社会資源と人のコーディネートを行います。

(出典 渋谷区重層的支援体制整備事業実施計画)

前のページへ戻る
pagetop