社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

文字サイズ 中 大    背景色・文字色の変更    標準 黒 黄色

生活支援体制整備事業(生活支援コーディネーター)

平成27年度の介護保険制度改正により、包括的支援事業の一つ、地域の基盤づくりとして、生活支援体制整備事業が位置づけられました。
地域住民が互いを気にかけ、支え・支えられる関係性を築き、誰もが安心して暮らせる地域づくりを推進する事業です。
この事業では、「生活支援コーディネーター」と「協議体」を配置し、地域住民が主体的に「支え合い活動」に取り組むことで、地域全体で地域の暮らしを支える体制づくりを進めていきます。
渋谷区では、区全域を「第1層」、各地域包括支援センター圏域を「第2層」として、それぞれに協議体を設置しています。

*協議体とは・・・

地域に支え合いの輪を広げていくため、その地域ならではの「支え合いのしくみ」について、無理なく取り組めることは何かを探し、話し合う場です。
協議体では、地域を良くしたいという想いのある方や、その地域に関わるグループや団体等、世代や立場を超えた様々な方が集まって話し合いを進めていきます。

3つの要素の図

●渋谷区第2層圏域区分(全11包括圏域)

渋谷区第2層地域区分(全11地域)

*生活支援コーディネーターとは・・・

地域の支え合いを、充実・強化・推進する調整役として、地域包括支援センター等関係機関と連携し、協議体の取り組みをバックアップしていきます。
地域福祉コーディネーターと兼務しています。

●第2層協議体の取り組み状況

地域の話し合い 始まっています

※各地区の取り組みを紹介する「Support each other(サポイチ)通信」を発行しています。最新号は「新着情報」をご覧ください。

pagetop

お問合せは

地域福祉課(地域総合相談支援係)
所在地/〒150-8010 東京都渋谷区宇田川町1-1 渋谷区役所2階
電話/03(6452)5072 FAX/03(3476)4904
窓口時間/月~金 8:30~17:00(土、日、祝日、年末年始休み)

前のページに戻る

pagetop