社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会

文字サイズ 中 大    背景色・文字色の変更    標準 黒 黄色

よくある質問(FAQ)

《ファミリー会員を希望される方》

Q1:どんな人がサポート活動してくれますか ?

Q2:知らない人に子どもを預けるのは不安です

Q3:自宅に来てもらうことはできますか?

Q4:習い事に連れて行ってもらえますか?

Q5:区外の保育施設等への送迎はできますか?

Q6:利用料金は、いつ、だれに払いますか?

Q7:明日、預かってほしいのですが、サポート会員を紹介してもらえますか?

Q8:兄弟姉妹や双子の場合、2人を一緒に預かってもらえますか?

Q9:子どもが学校から電車(バス)で帰ってきます。駅(バス停)から自宅等への送迎はお願いできますか?

Q10:学校が休みの日、朝から夜まで、預かってもらえますか?

《サポート会員を希望される方》

Q11:保育士などの資格を持っていませんが、活動できますか?

Q12:自宅での預かりはできません。それでも活動できることはありますか?

Q13:平日日中は仕事をしているので、夜間や土日しか活動することができないのですが、登録できますか?

Q14:自転車や車で送迎してもいいですか?

Q15:病気のお子さんを預かることはありますか?

Q16:活動して得た収入には税金がかかりますか?

Q17:活動中、ケガをしたりさせたり、事故に遭ったときは、どうしたらよいですか?

Q18:自分の子どもがまだ小さいのですが、サポート会員として活動することはできますか?

Q19:渋谷区外に住んでいます。サポート活動をすることはできますか?

A1: ファミリー・サポート・センター事業は、「地域住民の助け合い事業」です。
民間のベビーシッターとは異なり、地域の中で子育ての支援を行いたい方が、サポート会員となり、有償援助活動をします。
サポート会員として活動するため、全ての方が登録講習会(全8科目)を受講し、活動に必要な心構えや知識を身につけています。
A2: 実際に預ける前に、活動についての「事前打ち合わせ」を行い、会員さん同士の顔合わせをします。
活動の内容や預ける場所の確認、お子さんについての情報共有を行いますので、不安なことがあれば、この打ち合わせのときに、確認しましょう。
A3: 預かり場所は、サポート会員宅または子育て支援センター、公園等の公共施設です。
ファミリー会員宅での預かりや、家事援助は行えません。
A4: 現在、渋谷区では習い事に係る送迎を行っていません。
心身の発達に気がかりがあるお子さんの療育に係る送迎は行っています。
また、民間の放課後クラブ(学童クラブ)への送迎は、週3日以上通っている事が条件です。
A5: 原則区内にある施設への送迎ですが、区境の地域については、渋谷区から徒歩10分以内にある保育施設等は対応している場合もありますので、お問合せください。
A6: 利用終了時に、サポート会員へ直接、現金で支払ってください。
A7: サポート会員が活動するには、ファミリー会員とお子さん、アドバイザーとの利用面接を行った上で、ファミリー会員とお子さん、サポート会員、アドバイザーの三者で「事前打ち合わせ」を行う必要があります。
「利用申込(面接)→マッチング→事前打ち合わせ」には10日から2週間程度のお時間がかかります。余裕をもって申し込みをお願いします。
A8: 安全で安心した活動のため、お子さんとサポート会員は1対1の活動をしています。
複数のお子さんに対し、1人のサポート会員が同時に活動することはできません。
A9: お子さんの引き渡しは、必ず、「大人の手から大人の手へ」とさせていただきます。     
お子さんとだけの待ち合わせや、大人が不在のお宅へ送り届けることはできません。
A10: 1回の利用時間は、サポート会員宅での預かりで、最長6時間までです。
それ以上の預かりを希望される場合は、他のサービスと組み合わせての利用等をご検討ください。
A11: サポート会員の対象は、18歳以上で、子育てや子育て支援経験がある方、または保育士や幼稚園教諭、看護師等の資格がある方です。
登録・活動するには、全ての方が、全8科目のサポート会員登録講習を履修し、活動に必要な心構えや知識について学んでいただきます(講習会について、詳しくはこちらをご覧ください)。
実際に活動する際も、困ったことや不安に感じたことがあったときは、アドバイザーが相談を受け、支援を行いますので、自分のペースで安心して活動していただけます。
A12: 子育て支援センターや図書館、公園などの公共施設での預かりをする活動や、保育園や学校の送り迎えだけを行う活動もあります(具体的な活動の様子については、こちらをご覧ください)。
A13: ファミリー・サポート・センターの活動は仕事ではなく、地域住民の助け合い事業、会員同士の有償援助活動です。
「できることを、できるときに、無理のない範囲で」活動することが大切です。
不定期・単発の活動依頼もありますので、ご自身の予定に合わせて活動することができます。
A14: 自転車や自家用車での送迎はできません。
サポート会員の送迎手段は、徒歩または公共交通機関(バス、電車等)です。
活動に必要な交通実費は、利用料と一緒にファミリー会員から支払われます。
A15: 熱がある、発疹が出ているなど、病気のときの活動は行っていません。
熱が下がり症状はないが、安静にする必要がある等、配慮が必要な場合の活動は、サポート会員の了承が得られた場合に限り行います。
ただし感染症は、医師から「感染のおそれなし」の診断が出ない内は活動できません。
A16: サポート活動で得た報酬(交通費、食費などの実費分は除く)は、税法上「雑所得」となります。他に給与所得などが無い方は年間(1月1日~12月31日)で38万円を超えると課税対象となり、確定申告が必要です。サポート活動の他に給与所得がある方については、給与所得および退職所得以外の雑所得の合計が年20万円を超えると年末調整または確定申告の対象となります。
A17: まずはセンターまですぐに連絡してください。
ファミリー・サポート・センターでは、活動中の事故に備えて、「地域子育て支援事業補償保険」に加入しています。詳しくは、こちらをご覧ください。
A18: ご自身のお子さんが3歳未満の場合、ご自身のお子さんを見ながらの活動は安全が確保できないため行うことができません。
ご自身のお子さんが3歳以上であれば、ファミリー会員の了承を得た上で、ご自身のお子さんと一緒に預かり等の活動を行うことができます。
サポート会員になるには登録講習会の受講が必要です。講習会では、子どもや子育てに関する最新情報を渋谷区の第一線で活躍されている講師陣から学ぶことができます。
1科目ずつの受講もできますので、自分のペースで少しずつ学びながらサポート会員の登録を目指すことも可能です。(詳しくは、こちらをご覧ください)
また、ファミリー会員として登録した上で、サポート会員に登録すると、「両方会員」としてファミリー・サポート・センターを利用しながら、活動を行うことも可能になります。
A19: ご自宅が渋谷区から徒歩10分程度の場所にあれば、サポート会員として登録、活動していただくことができます。

《その他のお問合せ》
よくある質問以外についてのご質問は、以下のフォームか電話でお問合せください。

*問合せフォーム

QRコード

*TEL 03-5457-0221 (平日 8:30~17:00)

前のページに戻る

pagetop